BLOG

日別アーカイブ: 2016年10月6日

Ninja ZX10RR !

2017zx10RR2017zx10RR.jpg3

 

噂はホントでした・・・

ダブルアール・・80年代〜90年代を思い出すネーミングですね。当時もSTDモデルにレース出場を支援する装備が加えられた限定車によく用いたネーミング。             2017年のスーパーバイク選手権は改造範囲が狭くなるため標準装備を充実させる必要があり、かつ生産台数も問われるクラスなのでホモロゲーションモデルが必要だったようです。(カワサキ以外のメーカーも当然RR的なモデルを発表してます)

掻い摘んだ内容は・・レースキット並みのシリンダーヘッドやマルケジーニ社製アルミ鍛造ホイール、サーキット走行に適したサスペンション設定(1名乗車専用)、アップに加えダウンも可能としたクイックシフターなど。また1名乗車仕様の為、タンデムステップもタンデムシートもありませんのでご注意を(笑)

更にオプションにはレースキットがあるようですが、詳細はまだ未確認です。

気になる価格は?・・残念ながら「未 定」 受注期間も未定・・

分かってるのは僅か100台程度(台数限定)の供給と2017年5月以降の出荷だという事。気になる方は今後の続報を待ちましょう(私も待ってます)

仕様などについて詳しくはブライト公式ページにて

2017y Ninja H2 本日より受注開始(10月25日まで)

img_01-01img_01-03

 

2015年の登場で世界を席巻したNinja  H2、2016年モデルではECUの見直しとスリッパ―クラッチの採用、そして今回の2017年モデルは?なんと各社スーパースポーツ(1000ccクラス)に搭載されるIMUセンサー(6軸)が組み込まれました。このIMUセンサーとECUの話し合いで最適な加減速が得られるほかバンク角検知をフィードバックしたトラクションコントロールも手に入れました。また車体に関しても専用設計のOHLINS TTXサスペンションが奢られております。2015年モデルの250万円(税抜)から2016年モデルの260万円(税抜)、そして2017年モデルは280万円(税抜)。価格UPにも充分納得のグレードではないでしょうか?

カラー:ミラーコートスパークブラック(銀鏡塗装)GY2

本体価格:税込3.024.000円(税抜2.800.000円) 別途諸費用が必要です

第一次受注期間:2016年10月6日~10月25日まで

第二次受注期間:2016年10月29日~12月20日まで

国内導入予定台数:非常に希少な台数ですのでより確実な入手には第一次受注期間での発注がお奨めです

出荷開始:2017年5月下旬~

さらに詳しくはコチラ(ブライト公式ページ)

2017y Ninja H2 Carbon 本日より受注開始(10月25日まで)

img_04-01img_04-03

 

未確認情報ですが・・世界限定台数120台??国内導入数15台??           本日10月6日より10月25日までのタイトスケジュールでの受注です

シリアルナンバーを付したプレミアムモデルです(ナンバーは選べません)

アッパーカウルにはH2R譲りのカーボンを、リアショックには専用設計のOHLINS TTXを採用しボディカラーは新色のミラーコートマットスパークブラック

本体価格:3.348.000円(税込)

詳しくはブライトホームページにて